不動産鑑定士による鑑定評価

不動産鑑定士による鑑定評価

スポンサード リンク

不動産は、商品としての個別性が強く、全く同じ不動産は他にありません。

また取引も頻繁に行われているわけではなく、取引に売り急ぎや買い進みといった、個別的な事情があることもよくあります。

そして、このような特殊性が不動産にあることから、一般の人々が不動産の適正価格を把握することは、かなり困難です。

そのため正確な不動産価格の把握に際しては、専門家である不動産鑑定士による、鑑定評価が必要になることがあります。

なお不動産鑑定士が、不動産の鑑定評価を行うに際しては、不動産鑑定評価基準に基づいて評価を行います。

そして不動産の鑑定評価とは、合理的な市場で形成される市場価値の適正価格を、不動産鑑定士が的確に把握する作業であると、不動産鑑定評価基準では定義されています。

つまり不動産の鑑定評価とは、不動産について個別的な事情のない市場を想定し、その市場で取引されたら成立する価格を求めることになります。

不動産評価の基礎知識

リンク集

最終更新日:2012/11/17

 
Copyright © 2012 不動産@評価.biz. All rights reserved.