固定資産税評価額

固定資産税評価額

スポンサード リンク

固定資産税評価額は、市町村が固定資産税の課税の為に、全国の1月1日現在の土地の価格を評価し、各市町村長が決定したものです。

そして固定資産税評価額は、公示価格ペースの価格のおおむね70%の水準となっており、3年に1度のペースで評価替えが行われます。

ただし、評価替えが行われた年の評価額は、その前年の1月1日現在の評価額となります。

また固定資産税評価額は、利用状況ごとに標準宅地を選定して時価を求め、標準宅地の接する主要な街路に路線価が付されて、路線価を元に各筆ごとの宅地の評点数を求め、評点数に評点1点当たりの価格を乗じて宅地の評価額を算定します。

しかし、個々の土地・家屋の固定資産税評価額は、所有者本人や委任を受けた代理人しか、知ることができません。

なお固定資産税における、土地の価格を決定する元となる標準宅地の路線価は、相続税評価額を算定する為に国税庁から発表されている路線価とは異なります。

不動産評価の基礎知識

リンク集

最終更新日:2012/11/17

 
Copyright © 2012 不動産@評価.biz. All rights reserved.